プロトタイプネクストの制作から今晩のおかずまで手広くカバーしたい
プロフィール

Reikouzi

  • Author:Reikouzi
  • メインページはこちらです

    かなり趣味のブログです
    HPとは性格が違うので
    ご了承ください

    SNS等でのHN アルセルナ
    ツイッター垢 @arselna
    好きな艦娘は扶桑
    守備範囲
    プラモ一般・ガンプラ・ACVI・ゾイド・フィギュア・ドール等
    ○コジマ汚染率 68%
    ○変態技術者Lv.9

    これは面倒なことに・・・

    更新はいつも深夜ばかり
フリーエリア


カウンター07年2月2日設置
クラフトツール ハードコートヤスリPRO(半丸/7.5mm) 74073


模型作りの超お勧め品
作業効率がぜんぜん違う!














上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
さて、フューラーレビューも早いもので4回目

これで最後です

脚部の組立から行きます

IMG_8062.jpg

まず脚部の基部を組む

これが即関節の部位になります



IMG_8063.jpg
IMG_8066.jpg


脚部のパーツ分解状態

荷電粒子砲用のアンカーは足の装甲に包まれていて完全にユニット化

オリジナルでは左右の装甲板に挟み込む感じでアンカーとブースターを保持していて、外れやすい形でしたが

これでかなり取り外しも保持もしっかりできるようになってます

アンカー部分も3パーツ構成で色分けまでされてます

IMG_8067.jpg

IMG_8069.jpg


組み終えた脚部です

今我が家にオリジナルのフューラーがないのでいかんともしがたいのですが

もとより小さくなってるような

その分爪は大きくなって迫力満点です

その爪もジェノザウラーみたいに独立可動は無し

ライガーゼロのように成型部分をカットして可動化する機能もなし

組みやすいのですが、痛し痒しです

IMG_8068.jpg


足の裏を見てみると、アンカー基部はハの字型に開いてます

本家では平行だったのですが、個人的に気に入ったアレンジです


IMG_8070.jpg
IMG_8072.jpg
IMG_8073.jpg


ただこの脚部は保持力に難があって、機体が前向きに倒れやすくなってます

ジェノザウラーの脚部はしっかりしていたのに、ちょっと残念

関節を太らせるか、別のジョイントに変更するかしたほうがいいかも




IMG_8075.jpg
IMG_8074.jpg

次は背部ユニットのスラスターです

こちらはスラスター内部にディテールが追加、さらに全体的な形が鋭利になってます

ジェフティの背中に生えてても違和感なさそう


IMG_8076.jpg

マグネーザーの分割はこのように

ドリル一本に3つのジョイントがついて可動範囲が増えているHMMですが

ディテールの鍛え直しっぷりも半端ではないです

2パーツ構成でよかった、これのドリルの歯一本一本が別パーツとかだったらどうしようかと


IMG_8078.jpg
IMG_8079.jpg


マグネーザー基部はそこそこのスペースがあり

1220ボタン電池が入る広さです

マグネーザーを電飾する時には役に立ちそうです

IMG_8080.jpg


マグネーザーは背面に引けがあるので塗装するときはヤスリで削り落としましょう


IMG_8083.jpg


マグネーザーはH型のスライドレールで固定

真ん中の丸い部品で挟み込んで蓋して固定します


IMG_8085.jpg

マグネーザーのメカニカルアーム部分です

5つの軸を起点にグリグリ動きます

太めの軸で保持力もばっちり

ちょっと強すぎるぐらいです


IMG_8086.jpg

IMG_8087.jpg
IMG_8088.jpg
IMG_8089.jpg
IMG_8091.jpg


アームの可動範囲はこんな感じ

一つ目の関節が完全にユニットに埋まっていて

バックパックはブースターユニットというよりアーム格納箱見たいな感じです

でもこれのおかげで格納時は目立たず、展開時は長くアームを動かすことができますね

ただバックパックになにかを仕込むスペースがあまりないですね


IMG_8093.jpg


バックパック完成

これを装着してバーサークフューラーもいよいよ完成です



IMG_8095.jpg
IMG_8096.jpg
IMG_8097.jpg
IMG_8099.jpg
IMG_8100.jpg



完成後の写真を何枚か

カッコイイです、アーマー装着状態での印象は抜群、しっぽハサミは勘弁な!

カラーリングも素組でほぼ完全に再現されています

各部部品が取れやすい部分を接着していたら遊び甲斐がありそうです

惜しいのは脚部のジョイントですが

この写真を撮影している時もマグねーザーを展開させると何度か前面に倒れてしまいました;



IMG_8098.jpg


IMG_8101.jpg

IMG_8102.jpg




家にノーマルフューラーがないのでテュランと比較

マグネーザーが大物になって一回り大きく見えるHMM

これにシュトゥルムブースターを取り付けたらどうなってしまうんだろう・・・


IMG_8105.jpg
IMG_8104.jpg


後ろ姿比較

HMMがシャープな印象です

もとはずんぐりむっくりだったのに育ったもんだ

しっぽは展開ギミックのあるオリジナルと比べて大きく変わっていますね

放熱フィンの連動展開ギミックもこれを踏襲したものなのでしょうか



こんな感じでレビューの方締めさせてもらいます

次はシュトゥルムユニット取り付けへの考察とかしてみますかね

当初HMM風シュトゥルムを作る気でしたが、普通にフューラーとしても作りたくなってきました

それぐらいの完成度です

ついでに脚部も完成系にしたいなぁ





スポンサーサイト
2012/09/02 18:10 素組レビュー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://reikouzi.blog2.fc2.com/tb.php/1003-e731d7cb
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。