プロトタイプネクストの制作から今晩のおかずまで手広くカバーしたい
プロフィール

Reikouzi

  • Author:Reikouzi
  • メインページはこちらです

    かなり趣味のブログです
    HPとは性格が違うので
    ご了承ください

    SNS等でのHN アルセルナ
    ツイッター垢 @arselna
    好きな艦娘は扶桑
    守備範囲
    プラモ一般・ガンプラ・ACVI・ゾイド・フィギュア・ドール等
    ○コジマ汚染率 68%
    ○変態技術者Lv.9

    これは面倒なことに・・・

    更新はいつも深夜ばかり
フリーエリア


カウンター07年2月2日設置
クラフトツール ハードコートヤスリPRO(半丸/7.5mm) 74073


模型作りの超お勧め品
作業効率がぜんぜん違う!














上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
さて、セイバータイガーをいじっていきます
割りと可動範囲が広いHMMですが、大抵装甲やら武器やらでその可動範囲が殺されています
なので、もとより動かせる範囲を増やしてやればいい、そんな加工を中心にやってます
まずは頭から
セイバータイガーで結構気になるところですが、頭部のボールジョイントが大きく動かせる範囲が狭いです
あの小さな頭に対してなんであんなでかいジョイント付けてるんだ? と不思議になります


IMG_6786.jpg

IMG_6787.jpg

実はこのジョイントベースの特大ボールジョイント">ホビーベースの特大ボールジョイントとほぼ同じ大きさ
なので画像と同じようなことができる
今回レイヴン仕様ジェノの首と同じ要領で加工します
ホビーベースのジョイントとエバーグリーンの5.5ミリプラパイプを用意

IMG_6788.jpg


IMG_6790.jpg

ジョイント玉を切り取り、5.5ミリの穴を開けてそこにパイプを仕込み
それのジョイントを差し込んで完成
動かすときにジョイントを引き出すことで可動範囲を引き出せるわけです

IMG_6821.jpg
IMG_6791.jpg

首元の棒が目立つので、ハイキューパーツのツインサークルII (GTTC2)
を使えば違和感が少なくなります
IMG_6820.jpg

右が通常の頭部、左が加工した頭部
だいぶ横を向けるようになりました

IMG_6818.jpg
この赤くマーキングした部分を削れば、フィンの開き具合が増えて、より首が横向くようになります

IMG_6795.jpg

次はお尻部分の改修
E③って言う部品ですが、これが出っ張ってるもんだから腹部の可動が少し少なくなるので
それならスライドさせてやろうというわけ
まずE③の内側の出っ張りやらなんやらをフライス盤などで取り除く







IMG_6799.jpg

スライド機構はタミヤの新型プラ剤を使います
コの字がた各棒を並べて接着し、片側の中心部をフライス盤などで削る

IMG_6801.jpg

IMG_6803.jpg

先程の切削で内幅3ミリ隙間1ミリの凸型のレールができます
それにH型角棒を通すだけ
それをE3に仕込みます
IMG_6804.jpg

IMG_6805.jpg

そして本体に取り付け
最終的に接着しますが、今はパーツのクリアランスを狭めるだけで保持できてます
本体側にはE3が干渉する部分があるので、そこはあらかじめ削っておく

IMG_6806.jpg


後ろ足のキャンバー角度アップの加工として
単純に走行部分をカット、できるだけもとよりこんな形で切れてたように・・
安直ですが効果的
この部分は後ろ足の外装に隠れて見えづらいところだし

IMG_6813.jpg

次は前足
肩の装甲が邪魔であまり足が開かないので、足が開くぐらい動かせるようにする
もとは足の付け根の部分と背中部分にボールジョイントがついていて、その二つで保持してるんですが
そのどちらも外して、後ろ側のボールが入る穴に小型のリボ球を仕込みます
え、画像が見づらい?

IMG_68132.jpg


と、思ったので明るくしてみた
赤丸の部分にリボ球を仕込んでます
あと肩装甲の一部をカットして、本体ブレームに接着

IMG_6812.jpg



IMG_6817.jpg

肩を動かすときは肩装甲を上側に反り返らせて60度くらいまで開くことができます
腕がガッツリ動くのはいいけど、付け根のジョイントの油圧シリンダーがぷらぷらなのでなんとかしないと
ここまで動くと、ATユニットそのものが邪魔になってくる

IMG_6810.jpg


ATユニットが当たるなら、ユニットごとどけてしまえばいいじゃない!
という発想で上昇加工できるリフトジョイントを取り付ける
使うのはMSGのメカニカルアーム、このMSGの汎用性は半端ないですね



簡単にリンクが作れてしまう

IMG_6811.jpg


ああ、その前に簡単な加工法
グレートセイバーの時からこのキットは20ミリソリッドライフルがやたら足に干渉するのですが
メカニカルアームをかますだけで簡単に邪魔にならないように取り付けできて便利
標準のままだと、どうやって狙いつけてるんだ?と思うほど足に引っかかりますから、ちょい改造におすすめ

IMG_6809.jpg

ジョイントを間にはさむので、ユニットの位置がおかしくなりそうですが
収納状態はこんな感じ
下の位置からあまりずれないようにしました

IMG_6814.jpg

ジョイントを作ります
見てのとおりですが、根元部分のパーツD28.29を使用
このキットでは余るパーツなので3ミリ穴を開けてジョイントの基部として便利に使えます
3ミリ棒で接続するようにしているのですが、負荷が大きいので真鍮線とかピアノ線とか差し込んだほうが折れる心配しないで済みます

IMG_6815.jpg


ATユニットの基部はH9.3を逆さに取り付けたら3ミリ穴(ポリパーツ入)が使えます

IMG_6816.jpg

全面ミサイル部分のジョイントはこのとおり
こちらはあまりパーツのD28.29ではなく、エ6.7をジョイントの基部にします


IMG_6819.jpg



左が加工後のセイバータイガー、右が未加工のセイバータイガー
シルエットに大きな変化はないです
あとこれを2機作るというわけか、オラわくわくしてきたぞ・・・
あすは仕事だがな!

だいぶかけ足でしたがこんなところです
何かの参考にあれば幸い
スポンサーサイト
2012/01/22 01:38 模型参考用 TB(0) CM(2)
コメント
初めまして!ジルと申します。
自分もHMMシリーズが好きで作るんですが、まだまだこういった間接部分等の加工まで手を出せていないので、これから作る際に参考にさせて頂きますね!完成楽しみにしてます。
2012/01/23 00:17 ジル URL [ 編集 ]
ジルさん初めまして

参考になったようで幸いです
HMMは無動力キットの為、派手なポーズを取らせたいものですが
関節の改造で破損させるリスクが伴うので、この手の加工にはなかなか手が出なかったりしますね
記事の内容で簡単なものからでもよかったら試してみてください

ではでは
2012/01/23 01:18 Reikouzi URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://reikouzi.blog2.fc2.com/tb.php/884-bcc38390
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。